イオンカード

クレジットカードを持ったのは20歳の頃、まだ学生で自分でお金を管理する能力もやはりまだ危なっかしいものだったと思います。
でも持つことで大人になった気持ちがしたことは覚えています。
初めのうちはちょっと手持ちのお金が足りない時に時々使う程度でしたが、だんだんその回数も増えて行きました。
独身の頃はバリバリ働いていたし、自由になるお金がほとんどだったのでそれでもお金は回っていました。
結婚して、子供が出来てあまり自由に外で買い物が出来なくなったとき、ネットショップで買い物をすることが増えました。
カード決済が一番便利なのでちょくちょく子供のものを買ったり、オークションなどもしましたがそちらもカード決済にしてと使う機会がとても増えました。
独身の頃より自由になるお金が少なくなったのと、便利なカード払いでの買い物はだんだんエスカレートしていって、それでも初めは翌月一括払いしかしていなかったのが、リボ払いに手を出すようになり、月々の返済と一括払いの両方でだんだん支払いが苦しくなって、またリボで買い物をして、ということの繰り返しをするうちにだんだん膨れ上がっていきました。
もうだめだ、もうだめだと思いつつ、ついつい欲しいものに手を出してしまったりして。
でも子供の進学等でお金がいる時期がやってきて、このままでは子供の学費も出ないという状況になって思い直し、その時ちょうど満期になった積立保険金で一括全額返済をしました。
本当はもっとほかのことに使うつもりをしていたのに。
でもこれも自分が蒔いた種、自業自得ということです。
それ以来、カードの管理をきっちりとするように自分を立て直しました。
毎月きっちりと家計簿をつけたり、カードで買い物した分も必ずレシートを残したり、ネットの分も書き留めるようにして、カードのモバイルサイトで支払いする金額をマメにチェックして、すべて書き出すようにしました。
また、カードを一つにまとめてポイントをうまく貯めるようにして、一年間ためたポイントは頑張って管理した自分のために好きな買い物をするという風にもしました。
もう、二度とあんな思いはしたくありませんから。
近年、カードの使い過ぎで自己破産する人が増えているという話を聞いたことがありますが、そうなってしまった人の状況もなんとなくわかる気はします。

私は上手く乗り越えられたので、二度とあの状況に陥らないように、きちんと自分を管理していきたいと思っています。
カードの管理も、家計簿をつけたり、必要なものを買うためのチョコチョコ貯金も然りと継続していきたいと思います。

 

 

リボ払いが危険な2つの理由とその解決方法