気が付いたらリボ払い地獄

リボ払いは、毎月の支払額を一定にすることができたり、通常のクレジットカードのサービスよりもお得な特典やサービスがついていたりとして、なかなか魅力的な内容となっています。ですが、利息が高い事や、借金の額を把握しにくく膨らませやすい事からも、高額な借金や多重債権といった最悪なケースに陥ることもあるそうですから、宣伝文句だけで申し込んでしまうのは危険です。

 

「リボ払いで借金が増えやすい事なんてわかっているから申し込んでないよ」という人でも、気が付かないうちにリボ払いになっていることもあるので注意が必要です。実際に、気がついたら多額の残高があって驚いた…なんて話がゴロゴロあるのです。また、毎月の支払である程度は支払っていると思っていたけれど、上限金額まで届いたことで気が付いた…なんて人もいるのですから油断ができません。

 

こうしたもしもの状態に陥ってしまった場合には、一刻も早く一括返済してしまうのが一番です。貯金から一括するのが難しい場合は、カードローンなどを利用して一括返済してしまうのがいいでしょう。


リボ払いから脱出するにはカードローンが最適

膨れ上ってしまった借金…貯金から返済するのは難しいという場合は、銀行や消費者金融などのカードローンを利用して一括返済する方法があります。借金を返済するために、別のところから借金するというのも嫌な感じですが、このまま高い金利でリボ払いをしていても終わりが見えません。それなら、金利が低いところに乗り換えたほうが負担も小さくなります。

 

どのカードローンを利用できるかどうかは、ひとえに信用力にかかっています。ある程度信用のある職業についていれば、有利なカードローンを選ぶことができ、金利も大幅に下げる事が可能となります。銀行のカードローンなどでは、実質年率10%以下に設定しているところが多くあります。たかが数%でも、乗り換えをしたことで利息が数十万も減った…なんて人もいるのです。借金が100万を超えているような人は、特に大きな差を持つものとなるでしょう。さらに、金利で支払額を下げるだけでなく、なるべく繰り上げ返済ができるようにすると返済も楽なものとなります。

 

ちなみに、消費者金融のカードローンを利用する場合は、総量規制に注意しなくてはいけません。年収の3分の1までしか借りられないので、すでにリボ払いにおける残高が大きい場合には、消費者金融から借りることはできなくなります。逆に銀行は総量規制が適用されないので、こちらの方を利用するといいでしょう。

 

ちなみに、生命保険に加入している人は、これを利用するといった手もあります。生命保険には契約者貸付といった方法があり、保険の解約返戻金を限度にお金を貸してくれる制度です。もちろん、利息は付いていますが、充実した保険内容や利用期間が長かったりすると、リボ払いよりも安い金額となりますので負担も軽くなります。

 

逆におすすめできないのが、両親や友達、恋人から借り受ける事です。利息無しで貸してくれる可能性が高く安心感もあるのでついついお願いしてしまいがちですが…お金の貸し借りはトラブルの元なりやすいもの。例え借りたお金を返せても、その後の関係がガラリと変わってしまう事もあるのです。


 

アコムは安心の三菱UFJフィナンシャル・グループなので、信頼感は抜群です!

 

審査時間はたったの30分です。

 

スマホからお申込みできるので、
来店するなど面倒な手間は不要です!

 

30日間の無利息期間があります!

 

審査が不安な方は3秒でわかる簡単診断がおすすめです。

 

金利 限度額 審査時間
年3.0%〜18.0% 800万円 最短30分

 

 

http://www.acom.co.jp/

 

 

 

プロミスには平日14時までにWEB契約完了で当日振込してくれる瞬フリというサービスがあります。

 

瞬フリを使えるのは三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持ってる方のみになります。

 

30日間無利息サービスも実地中!
(※メールアドレスとWeb明細利用の登録された方限定)

 

3秒で結果がわかる簡単診断も人気です!

 

金利 限度額 審査時間
年4.5%〜17.8% 500万円 最短30分

 

 

http://cyber.promise.co.jp/

関連ページ

リボ払い専用カードに注意!
クレジットカードにはさまざまな種類がありますが、なかにはリボ払い専用といったカードもあります。 通常のクレジットカードと勘違いして作らないように注意が必要です。
リボ払いの仕組み
リボ払いと一言でいっても、実は細かく分けることができます。 その仕組みはどのようになっているのでしょうか?