自動リボにご用心!

クレジットカードと言えば、代わりにクレジットカードがお金を払ってくれる便利なカード。現金がなくてお会計が足りない、もしくは大金を持ち歩きたくない…なんて人には最適なカードとなっています。その支払方法は一括もしくは分割が定番となっており、ちょっと金額的に10万や20万といった金額であれば、毎月いくらまでなら支払えるか自分なりに判断して支払回数を決めます。手数料も、支払回数によって異なってきます。

 

ほとんどの人がそうした認識でクレジットカードを使っているのですが、クレジットカードには「自動リボ」といったありがた迷惑なサービスが付いています。自動リボとはその名の通り、クレジットカードでの買い物がすべてリボ払いになっているというもの。クレジットカード会社も利益が高いリボ払いを是非とも利用してもらいたいので、勧誘だけでなく、サービスという名の罠を仕掛けているのです。利用者からしてみればとんでもない話です。意外と知らないうちに設定されており、これまた知らないうちに借金を増やしている状態になっているので、この自動リボにされていないかどうか注意する必要があります。

 

この自動リボというのは、ほとんどのクレジットカード会社ですすめているもので、利便性などをメリットをこれでもかと謳って、一括や分割払いからリボ払いのほうでさせようとします。高いポイントや年会費などの特典をエサにして、リボ払いをすすめることもしています。デメリットはあまりいわないのですから、確信犯としかいいようがありません。

 

最悪なのは、申し込み時に自動的にリボ払いが適用されていることです。自分では申し込んだつもりはなく一括払いで支払っているつもりだったのに、実はリボ払いが適用されていて何十万もの残高がてきようされている…なんて話も意外と多いのです。


カード利用には常に注意を!

知らないうちにリボ払いになっていた…なんてケースでは、作ったクレジットカードが「リボ払い専用」カードだったとか、海外などの特定の利用では自動リボが適用されるようになっていた、ポイントにつられて手続きをしたら自動リボだった…なんて事が挙げられます。特に、キャンペーンなどで引き込む形が多く、応募条件に自動リボ払いがさりげなく入っている…といったところでしょうか。こうした自動リボへの動きは、利用明細書をWEBにしている人ほど気が付きにくいもの。できれば郵送にしてもらった方が、こうした変化にもすぐに気がつけるものとなります。

 

自動リボを予防するには、本人が常にクレジットカードの利用に注意をもって使うしかありません。もしもリボ払いになっていることが発覚したら、早い段階で一括返済してリボ払いを解除するようにしなければいけません。一般的に、リボ払いの金額は月々5千円とか1万円といった、考えられないくらいに少ない金額に設定されています。通常では一括払いできる金額で設定しているところに、利益を搾り取ろうとする悪知恵を感じます。


リボ払い!ここに注意記事一覧

クレジットカードにはさまざまな種類があり、選ぶのも一苦労。選ぶのも大変なのですから、細かい違いなどはなかなか理解しにくいもの…。そうしたことからも知らず知らずにリボ払専用カード…なんてものを作ってしまう人もいるほどです。特典やサービスなどをたっぷりと付けていることが多いのが特徴です。リボ払い専用カードでは、通常のクレジットカードよりもポイントが多くたまったり、特典も数多くつけられていたりします。年...

リボ払いは、毎月の支払額を一定にすることができたり、通常のクレジットカードのサービスよりもお得な特典やサービスがついていたりとして、なかなか魅力的な内容となっています。ですが、利息が高い事や、借金の額を把握しにくく膨らませやすい事からも、高額な借金や多重債権といった最悪なケースに陥ることもあるそうですから、宣伝文句だけで申し込んでしまうのは危険です。「リボ払いで借金が増えやすい事なんてわかっている...

リボ払いというとクレジットカードが思い浮かびますが、実はカードローンもリボ払い。このリボ払いには定額リボルビングと定率リボルビング、残高スライドリボルビング、さらには借入れスライドリボルビングなどさまざまな計算方法があり、どの計算方式を採用しているかで返済額も変わってくるのです。例えば、「アコム」は定率リボルビング方式で、「オリコ」や「ライフ」は定額リボルビング方式(残高スライド)、「アイフル」は...