リボ払いにうかつに手を出すと、借金地獄に陥りやすく大変危険なのです

MENU

リボ払いは借金地獄への近道!?

クレジットカードで支払いをする際には、一括払いや分割払いといったその時の使用金額が決める方法と、あらかじめ1カ月に支払う金額を決めておくリボ払い(リボルビング払い)とあります。リボ払いは毎月決まった金額しか支払わないですむので楽そうに思えますが、実はとんでもない大きな危険性を秘めている支払い方法。できれば避けたほうがいいでしょう。なぜなら、リボ払いはクレジットカード会社にとってはとても都合のよいシステムなのですが、利用者にとっては借金地獄に陥ってしまう可能性を秘めたシステムなのですから。

 

そもそもクレジットカード会社というのは、加盟店から支払われる手数料と、カード会社利用者が分割もしくはリボ払いする際に払う手数料の2つが主な収益となっています。なかでも、手数料が多くかかってしまう…つまりは、収益が高いのがリボ払いです。ですから、クレジットカード会社としては、一括や分割ではなくリボ払いで買い物をしてほしいと思っています。テレビコマーシャルなどでも「リボ払いは毎月決まった金額で、支払いがスマートになります」といったメリットだけを強調したり、高いポイントを付けたりといった特典やサービスをおこない、なんとかリボ払いの申込を促しています。これも、リボ払いが儲かるからなんですね。


リボ払いは危険な2つの理由

クレジットカードの支払い方法には、大きく分けて一括払い・ボーナス一括払い・分割払い・リボ払いとあります。一括払いとボーナス一括払いは金利手数料が付かないので、クレジットカード会社としては利益になりません。金利手数料がかかるのは分割払いとリボ払いで、年15.00%前後とかなり高いものとなっています。キャッシングやカードローンなどと比べても、クレジットカードの方が金利が高くなってしまう事もあるほどです。クレジットカードの分割もしくはリボ払いでは、かなり高い手数料を支払う事になるのです。特にリボ払いは借金を無駄に大きくしていきます。これが一つ目の理由。

 

また、リボ払いの怖さはこれだけではありません。決まった金額しか返済しないので、当たり前ですが支払い切れなかった分は来月に回されます。その月でもクレジットカードを使用し足がでるとまた来月に…と、返済が長期化しやすいといったデメリットがあります。お金の管理がきちんとできているひとであれば、決まった支払い金額内で収めようとすることができるかもしれませんが、それはなかなか難しいもの。しかも、クレジットカードで簡単に支払いが完了するので、お金を支払っているといった感覚が薄れてしまい、金銭感覚がおかしくなりがち。こうした理由から知らず知らずに借金を大きくしていってしまうのです。これが2つ目の理由となります。


リボ払いで借金が増える仕組み

リボ払いは、利用すればするほど返済が長引いていきます。分割払いであれば指定した回数だけ…つまりは期間限定で返済は終了。3回払いにすれば、3か月間手数料込みで終わるのです。ところが、リボ払いでは毎月決まった金額を返済していくだけなので、固定金額以上の買い物をしてしまうと、その分が来月に上乗せされて…と、借金が減らずにいたずらに先伸ばししてしまう状態。これは借金がどんどん増えていくことに他ならないのです。

 

例えば、毎月の返済金額を3万円としたとします。リボ払いで5万円の買い物をしたとしたら、2万円は次の月に。翌月は4万円の買い物をしたとしたら、翌々月に5万円の支払いが…というように、簡単にどんどん増えていってしまうのです。1年間もこうした事を続けていれば、借金の額はあっという間に膨らみます。しかも、15%前後の高い利息がプラスされるのですから、さらに金額は大きくなるでしょう。

 

この状態では、一生終わらない借金を背負う事にもなりかねません。実際に、リボ払いで借金地獄に落ち行ってしまった人はたくさんおり、最悪、返済額のほとんどが利息だけ…なんて人もいるのです。逆に、分割払いではこうした事はおこりません。買い物金額に応じて返済額が変わりますし、実際に使った分だけの金額が請求されるので数字としても把握しやすく、セーブすることもそこまで難しくありません。なによりも、リボ払いのようにいつまでも返済が続くこともないのです。


リボ払い地獄から抜けるには?

リボ払いというのは、毎月の返済額が小さくても、長く返済する事で金利が高くなっていきます。最初は払える金額だったのが、今では払いきれないほど膨らんでしまった…なんて状態になり、10年以上もリボ払い返済している人もいます。リボ払いがきっかけで、借金地獄や多重債権者に苦しむ事になった人もいるのです。

 

リボ払いの怖さを知らずにすすめられるまま利用し、借金が大きく膨らんでしまったら…そんな時は、早めにリボ払いで残高を一括で返済するようにしましょう。お金がたりない場合はカードローンで借りて返済に充てるといいでしょう。この場合、低金利で借りられるカードローンを選び、負担がない範囲で返済していくようにします。そうすることで、無限のリボ払い返済から解放されます。


更新履歴